和上とくとくショップ専門館にようこそ!ソーラーフロンティアの太陽光発電をお考えなら、安心丁寧なとくとくショップへ!抜群の施工実績、お申込から設置まで安心のコミコミ価格!

太陽光発電のとくとくショップ

最新トピックス その3フランス編

2011年10月、ソーラーフロンティアとドイツのベレクトリック社はフランスで初めて太陽光発電所(メガソーラー)の稼働を開始しました。
この太陽光発電システムは南仏ベッソンに4.2メガワットピークのCIS薄膜太陽電池を設置したものです。
このプロジェクトはソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池を使用するフランス初の太陽光発電所で、この太陽光発電システムではソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池29,931枚が設置されています。
ソーラーフロンティアとベレクトリック社はいくつかの太陽光発電のプロジェクトで協力してきましたが、今回のプロジェクトはドイツでのいくつかのプロジェクトで優れた実績が得られた設置方法が活用されています。
すなわち、ゆるい傾斜角にすることで太陽電池を低く設置できるので周囲の景観とも馴染むのです。
ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は効率が高く、しかも太陽電池の傾斜角をゆるくしても極めて高い発電性能を発揮します。
具体的には、通常は25度の角度が15度で設置されていますが、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は高い発電性能があるので、設置角度を小さくしても高い出力が得られるのです。
したがって、このフランスで実証されたソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は今後もフランス市場において大きな成長が見込めるものと考えられます。
このベッソンの太陽光発電所では、宮崎県国富工場で製造された最大出力140ワットのCIS薄膜太陽電池が設置されています。
なお、フランスは世界第2の原発保有国ですが、同時に太陽光発電への関心度も高い国ですから、ドイツに次いでソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池に対する認識は高く、したがって今後はさらに多くの太陽光発電所の建設が期待できでしょう。
そして、このように海外でのソーラーフロンティアの実績が認められることは、いわば逆輸入の感じですが、日本国内でのメガソーラーの建設にもソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池が採用されるようになるのではないでしょうか。

Copyright 2010 太陽光発電とくとくショップ.All Rights Reserved.