和上とくとくショップ専門館にようこそ!ソーラーフロンティアの太陽光発電をお考えなら、安心丁寧なとくとくショップへ!抜群の施工実績、お申込から設置まで安心のコミコミ価格!

太陽光発電のとくとくショップ

Q&A その1

Q1: 太陽光発電のソーラーフロンティアはどんな会社ですか?
A1: ソーラーフロンティア株式会社の資本金の100%は昭和シェル石油の出資ですから100%昭和シェル石油の子会社です。
Q2: ソーラーフロンティアはいつ頃設立され会社なのですか?
A2: ソーラーフロンティアはもとからあった昭和シェルソーラーが平成22年に社名変更をしたものです。
Q3: なぜ、昭和シェルとか昭和シェルソーラーなど石油の会社が太陽光発電の分野に参入したのですか?
A3: 実は昭和シェル石油は30年以上も前から太陽電池の研究・開発をしていました。そして、太陽光発電では良く知られている単結晶シリコンや多結晶シリコンとは全く別の化合物という次世代の太陽電池の分野でCIS薄膜太陽電池の開発と実用化に成功したのです。
Q4: では、そのCIS薄膜太陽電池とはどのようなものなのですか?
A4: CISのCは銅、Iはインジウム、Sはセレンの頭文字をとったもので、薄膜太陽電池では最も変換効率が高いとされています。
この電池は化合物系ですから、昭和シェル石油が研究・開発をしても何の不思議もありませんし、むしろ当然のことと言えます。
Q5: では、CIS薄膜太陽電池の主な特徴はどのようなものなのですか?
A5: CIS薄膜太陽電池は黒色ですから太陽光の成分を吸収しやすくなっています。そして、太陽光を電気に変える変換効率は11%で、単結晶シリコンよりは低いのですが、太陽電池モジュールは影に強いという特徴があります。
太陽光パネルに影がかかると、シリコン系ではシステム全体の発電量が低下することがありますがCIS薄膜太陽電池ではそのようなことはありませんのでいつでも安定した発電量が期待できます。
Q6: では、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュールの値段は高いのでしょうか?
A6: いいえ。CIS薄膜太陽光電池では価格の高いシリコンを使用していませんし、使う素材の量も少ないので、性能が良くても価格が低いと言うメリットがあります。

Copyright 2010 太陽光発電とくとくショップ.All Rights Reserved.