和上とくとくショップ専門館にようこそ!ソーラーフロンティアの太陽光発電をお考えなら、安心丁寧なとくとくショップへ!抜群の施工実績、お申込から設置まで安心のコミコミ価格!

太陽光発電のとくとくショップ

性能で比較

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムのメインは独自に開発したCIS薄膜太陽電池で、この電池は黒色なので太陽光の成分を吸収しやすいという特徴を持っています。
そして、このCIS薄膜太陽電池を組み込んだ太陽光モジュールが何タイプもあります。
ところで、このCIS太陽光パネルとも言える製品の性能およびパワーコンデショナなどの性能はどのようになっているのでしょうか。
元来、太陽電池モジュールは大きく分けるとシリコン系と化合物系などに分けられ、それぞれが良い面を持っていますから、単純な性能面だけの比較は難しいのです。
つまり、ある面では劣っていても別の面では勝っているというシリコン系と化合物系、それぞれのメリットやデメリットがあるのです。
したがって、ここでの性能の比較は主に太陽光の電気への変換効率とか、パワーコンデショナの電力変換効率などもありますが、これだけでは決められないほかの要素があるのです。
太陽電池モジュールの変換効率ではシリコン系が化合物系よりも有利なようです。
例えばHITモジュールの発電効率は16.4%ですがソーラーフロンティアの場合は11%程度です。
この数字だけから見ますと5.4%の開きがありますからソーラーフロンティアの場合は不利なように見えます。
しかし、化合物系の有利な点としては太陽光パネルを何枚か組み合わせた場合に、その一部分に小枝の影がかかるとシリコン系では全体の発電量に影響が出ますが、化合物系ではそのようなことがないという強みがあります。
ただし、変換効率の面から見ますと例えば4キロワットの太陽光発電システムの場合、HITなどの場合よりはソーラーフロンティアのほうが多くの太陽電池モジュールが必要になります。
これは太陽電池モジュール1枚当たりの発電能力が異なるためですから、省スペースの点ではソーラーフロンティアは大きな面積を必要とすることになります。
しかし、一方で直流を交流に変換するパワーコンデショナの電力変換効率はソーラーフロンティアも他のメーカーも大体同じですから、総合的に見ればソーラーフロンティアは他のメーカーと比べてなんら遜色はないと言えるでしょう。

Copyright 2010 太陽光発電とくとくショップ.All Rights Reserved.