和上とくとくショップ専門館にようこそ!ソーラーフロンティアの太陽光発電をお考えなら、安心丁寧なとくとくショップへ!抜群の施工実績、お申込から設置まで安心のコミコミ価格!

太陽光発電のとくとくショップ

ソーラーフロンティアの歩み

ソーラーフロンティアの歩みを見るためには、30年以上前の昭和シェルグループのCIS太陽電池事業への取り組みまでさかのぼります。
1978年、昭和シェルは太陽電池に研究開発を開始しています。
そして、1993年、CIS太陽電池の研究開発をNEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術開発機構)から受託しました。
さらに、2005年にはCISの事業化を決定しています。
そして、2006年にこれを受けて新会社、昭和シェルソーラー株式会社が設立されました。
その翌年の2007年に宮崎県の宮崎工場宮崎プラントでCIS太陽電池の商業生産が開始されています。
同時に宮崎工場宮崎第2プラントの建設が決定されました。
2008年にはアルパック社との量産技術共同研究開発を開始し、神奈川県厚木市に厚木リサーチセンターの建設が決定されました。
翌年の2009年、宮崎工場宮崎第2プラントが完成し、商業生産を開始しました。
同時に厚木リサーチセンターも稼働を開始し、さらに国富工場(宮崎第3プラント)の建設が決定されました。
2010年4月、昭和シェルソーラーはソーラーフロンティアと会社名を変更するとともに、ドイツとアメリカに海外販売法人を設立しています。
まさに2010年はソーラーフロンティアの誕生と飛躍の年と言えます。
そして、2011年、国富工場でも商業生産が開始され、1GWの生産規模になりました。
このように見ますといかにソーラーフロンティアの歴史の歩みが長いかが分かります。
つまり、ソーラーフロンティアは30年以上の歴史を太陽電池の分野で築いているのです。
昭和シェルと言う社名ではどうしても石油のイメージが払しょくできません。
したがって、太陽光発電と言う新エネルギー分野で活動するためには、それにふさわしい会社名が必要になります。
そこで、ソーラー事業の最前線、つまりフロンティアの会社と言うことで、ソーラーフロンティアの社名になったのです。
ですから、ソーラーフロンティアは昨日や今日できた会社ではなく、しっかりとした確かな技術とノウハウが蓄積された太陽電池の専業メーカーと言えます。

Copyright 2010 太陽光発電とくとくショップ.All Rights Reserved.